• 金属アレルギーについて

    金属アレルギーとは、金属に対してアレルギー反応が起こり、主な症状はアクセサリーを着けている部分の皮膚がかゆくなり、あるいはピアスを付けている耳たぶが熱を持っているような感覚や痛みを感じるなどです。金属アレルギーは日本人の10人に1人が発症しているといわれるほど一般的な皮膚疾患で、大人になってから突然発症する場合もあります。

    金属アレルギーは、自己の免疫機能が、原因となる金属を身体にとって有毒なものとして認識することで発症します。
    原因となる金属は、汗と接触することでイオン化しやすいものも多いです。そのため、汗をかいた状態を放置することで金属アレルギーが誘発されやすくなります。
    また、金属は食事にも含まれており、ワインやナッツ、香辛料、たばこやチョコレートなど金属を多く含む食品のとりすぎは、金属アレルギーを助長してしまうことがあります。

    厄介なのは、一度その金属に対する許容範囲を越えてアレルギー反応を起こしてしまうと、その後もその金属に反応し続けてしまう可能性が高く、ほとんどの場合、その体質は完全に治すことができません。
    アレルギー反応が出てしまった場合はこれ以上悪化させないように注意すること、まだなったことのない方はならないための予防を意識することが大事です。

    予防策としては、原因となる金属に対しての接触を避けることが重要です。
    ニッケルやクロム、コバルトなどの金属がアレルギーを起こしやすい素材で、金属アレルギーを起こしにくい金属はチタン、ゴールド、シルバーとプラチナです。ただし、アクセサリーに用いられる際、加工性や硬さを向上させる為に他の金属を混ぜて使用されていることが多く、混ぜられた金属によってアレルギー反応がおきる事もあるので注意が必要です。

    また、夏場や運動時等の汗を大量にかく事が分かっている場合には、事前に装飾品を外す等の配慮が必要です。かゆみ等の症状が発現した場合には、原因と思われる製品の使用を中止し、かゆみがなくなったからといって同製品を使用しないようにする事が大切です。

  • シルバーアクセサリーの特徴

    今ではアクセサリーの定番のシルバーアクセサリーですが、最近作られたものではなく、古代から装飾品としてネックレスや指輪などに使われていました。

    シルバーのもっとも魅力的なところといえば、その白く優しい輝きといえるでしょう。シルバーの元素記号「ag」はラテン語で、”白い輝き”を意味する「argentum」からつけられています。
    その優しい輝きから、ゴールドは太陽の金属、シルバーは月の金属と言われ、悪いものを払いのけ守ってくれるとも言われています。シルバーは金属のなかでもっとも可視光線の反射率が高く、研磨することによってプラチナよりも強い輝きを出します。同じ白でもプラチナと比べて落ち着いた光沢が特徴です。

    シルバーアクセサリーにする際、純銀を使いますと柔らかすぎるため形成に向いてないため、他の金属を混ぜるのが普通です。
    よく見られるシルバー925は92.5%がシルバー、残りの7.5%に関しては主に銅、その他アルミニウムなどを混ぜて、こうしますと硬度を出し、扱いやすい状態にしているのです。
    925以外に1000、950、900などの種類があり、1000は純銀、950はブリタニアまたは五分落ち、925はスターリングシルバー、900はコインシルバーなどと呼ばれています。
    合金にすることで丈夫さの他に、シルバーアクセサリー独特の絶妙な輝きを表現できるのです。

    ただ、シルバーは化学変化を起こしやすく、大気や硫黄の含まれたものに触れていると黒く変色します。これは、空気中の硫黄によって表面に硫化銀の皮膜を作ることが原因です。硫化銀の皮膜の厚さによって、黄色、次に茶褐色に変わり、更に皮膜が厚くなると黒色になります。変色の場合、専用のクロスで磨くだけで黒ずみが取れます。シルバー磨きクロスと言うのは単純に布で磨くわけではなく、クロスに研磨剤が含まれているため、それによって表面を磨くというものです。日々のメンテナンスもそうですが、黒ずんだ時にも簡単に磨くことができます。

  • カフリンクスのご紹介

    日本では「カフリンクス」と同じ意味で「カフス」「カフスボタン」という呼称が使われますが、実は正確にいえば両方とも誤りです。「カフス」は袖口を意味するので誤用、「カフスボタン」は和製英語です。正式にはカフリンクス(cuff links)と言います。

    カフリンクスの起源は17世紀フランスで始まったとされています。 その時代は袖を装飾するのにレースやリボンを用いていましたが、それらの代わりにゴールドやシルバーボタンを金属製の鎖でつないだもので留めるようなったそうです。当時、カフスはハンドメイド製のものが多く上流階級のものとされていましたが、 18世紀半ばから19世紀ごろにかけて起こった産業革命により大量生産が可能となり、一般層に広がったと言われています。 しかしながら実のところ、カフリンクスに関する情報は少なく、 起源について詳しいことはわかっていないとのことです。

    ネクタイやシャツとはちがって、カフリンクスは必需品ではありません。その人の個性やセンスを反映させるアクセサリー的な位置づけのアイテムです。豊富な種類と洗練されたデザインでありながら、手ごろな価格の品が登場しています。個性的なものも多いので、自分の趣味を押し出したものを持ってくることで、 会話のきっかけになったりすることもあるでしょう。

    カフリンクスの使い方はいたってシンプルです。シャツの袖のボタンを外し、通常であれば生地を重ねてボタンをはめるところですが、生地の裏同士を合わせるようにします。そこへカフリンクスの留め具を、2枚の生地を貫くように差し込みます。カフスのタイプによって異なりますが、主流のスウィヴル式の場合出た留め具を倒して出来上がりです。

    初めてカフリンクスをつける人にありがちな失敗が、普通のボタンと同じように袖口を上下に重ねて装着してしまうことです。こんな風につけてしまえば、手首に金具が当たってしまうので違和感があります。もちろん、袖口の形状も崩れてしまいます。つけ方さえ間違えなければ、カフリンクスで大きく失敗することはありません。

  • シルバーアクセサリーの製造コスト

    シルバーアクセサリーは数あるアクセサリーの中でも特に高い人気を集めていると言われており、老若男女を問わず多くの型紙につけているといわれています。そんなシルバーアクセサリーはアクセサリーを製造する側にも高い人気を集めているそうで、リングやネックレスなどオリジナルのアクセサリーはもちろん、様々なキャラクターや有名アーティストなどをイメージした加工をあしらったグッズなども数多く販売されており、単純なアクセサリーとしてだけではなく色々な形のビジネスに活用する事が出来ると高い評判を集めています。

    そんなシルバーアクセサリーを製造するにあたり気になるのが製造コストがどれだけ必要かという点ですが、果たしてシルバーアクセサリーはどれだけの製造コストが必要になるのでしょうか。

    シルバーアクセサリーの製造コストは製造する商品や個数によってもまちまちですが、少なくとも他の素材によって作られたアクセサリーよりは安く製造する事が出来るといいます。
    というのも銀は他のアクセサリーに使われるような素材と比べると驚くほど安く仕入れる事が出来るそうで、その分加工などに力を入れても充分安く必要数を製造する事も可能だそうです。そのおかげでシルバーアクセサリーは子どものお小遣いで購入する事が出来るものからブランド品まで幅広い商品が販売されており、全ての世代に愛されるアクセサリーとして現在も多くの人が身につけたり販売したりしています。

  • 販売者側にも嬉しいシルバーアクセサリー

    アクセサリーはその美しさで身に付けた人の存在感を高め、よりその魅力を高める事が出来る装飾品として昔から多くの人に愛されてきました。そんなアクセサリーは使用する素材やデザインなど様々な要素でまた違った魅力を発揮してくれるため、現在に至るまでさまざまなアクセサリーが製造されてきました。そんなアクセサリーの中でもシルバーアクセサリーは非常に多くの人に愛され続けているアクセサリーとして知られており、現在も多くのアクセサリーを目にする事が出来ます。

    シルバーアクセサリーは身に付けるだけではなくアクセサリーを販売する側にとっても魅力的な存在として知られており、現在も多くの企業がシルバーアクセサリーを利用してビジネスを行っています。シルバーアクセサリーが持つ販売者側の魅力はやはり多くの商品を製造する事が出来るという点が大きいといいます。シルバーアクセサリーに使用するシルバーは比較的容易に集める事が出来る素材な上、柔らかいという特性がある分加工もしやすいためより多くの数を手軽に製造する事が出来るそうです。

    そのため普通のアクセサリーを製造するだけでなく、様々なオリジナルグッズとしても販売する事が出来ることから非常に多くの人気を集めているといいます。そのおかげで現在販売されているシルバーアクセサリーには数え切れなくらいの種類があり、ユーザーも多くの商品の中からお気に入りの商品を選ぶ事が出来るようになっているそうです。

  • 男女関係無く身に付けられるアクセサリー

    昔からシルバーアクセサリーは数あるアクセサリーの中でも高い人気を集めているものの一つと言われており、現在販売されているアクセサリーは数え切れないくらいの数になっているでしょう。中にはオーダーメイドの完全オリジナルを製造しているお店もあり、他の素材のアクセサリーよりも手軽に購入する事が出来ると人気を集めています。そんなシルバーアクセサリーの魅力は色々な面にあるといわれており、売り手と買い手両方にとって嬉しい魅力も多くあるそうですが、その内の一つが男女問わず多くの人に愛されているという点にあるといいます。

    シルバーアクセサリーは他のアクセサリーとは違い男女ともに身に付けている人が多いという点にあるといいます。現在販売されているシルバーアクセサリーに目を向けてみると明らかに女性を意識してモチーフを想定したものもあれば、男性向けモチーフと見て取れるものも数多く存在し、それぞれまったく違った魅力を持っています。更にシルバーアクセサリーは他のアクセサリーに比べてユニセックスなデザインを意識したアクセサリーも多く販売されているため男女どちらともに自分好みのアクセサリーを選びやすくなっています。

    こうした要素は販売する側としても双方の購買層を意識した商品を多く出せる分他のアクセサリーよりも販路を広げやすいためより利益を上げやすいのだそうです。そうした要素を含めてシルバーアクセサリーはその魅力で多くの人に高い人気を集めているようです。

  • 製造法の違いから表れる違った魅力

    アクセサリーの中でも特に多くの人に愛されているシルバーアクセサリーには様々な種類があり、そのおかげで若者からお年寄りまでありとあらゆる世代に合わせたデザインのアクセサリーを身に付ける事が出来、性別を気にせず選べるようなデザインのアクセサリーも多く目にする事が出来ます。そんなシルバーアクセサリーの魅力を語る上で欠かせないのが製造法の違いによって表れる様々なバリエーションの多さで、シルバーの特性を利用した様々な製造法によって世代や性別を問わず人気を集めることの出来るような様々なシルバーアクセサリーが誕生したといいます。

    シルバーアクセサリーの魅力の一つである製造法のバリエーションの豊富さはひとえにシルバーの持つ特性が大きく影響しています。シルバーは他の金属に比べて柔らかく周辺環境による変質が激しいためそれらを生かした様々な加工が行われるそうです。例えば柔らかい特性は掘り込みを入れたりハンマーで打ちつけたりと様々な方法でアクセサリーに模様をつけるなど形状を変化させることが出来ますし、変質の激しさは化学物質を意図的に塗布することでいぶし処理などの色付けを簡単に行なえるので、よりシックな魅力を表現したりくぼんだ部分などにより立体感を与えるのにも重宝します。こうした利点を生かす事によってシルバーアクセサリーは現在の人気を集めるに至るまでに魅力的な存在としてアクセサリーの中でも大きな存在となる事が出来たのだそうです。

  • 世代を超えて愛されるアクセサリー

    数あるシルバアクセサリーの中でもシルバーアクセサリーは非常に高い人気を集めているといいます。そのため巷では数え切れないくらいのシルバーアクセサリーが製造されており、現在販売されているものを少し調べてみるだけでも路上販売されているシルバーアクセサリーもあればオーダーメイドで製作されたオリジナルのシルバーアクセサリーまで実に様々な種類のシルバーアクセサリーを目にする事が出来るはずです。それだけ多くの種類が販売されているシルバーアクセサリーにある魅力とは一体どのようなものなのでしょうか。

    シルバーアクセサリーの魅力として挙げられる要素はたくさんありますが、その中でも特に注目されている魅力と言えばやはり全ての世代に愛されていると言う点でしょう。シルバーアクセサリーは他のアクセサリーのようにある程度の年齢を重ねてから購入するようなものではなく、子どものお小遣いでも頑張れば購入する事が出来るくらいの商品もたくさんあり、成長するにしたがってより手の込んだものを購入する事が出来るようになったりと年齢に応じて色々なシルバーアクセサリーを購入する事が出来るという点も人気を集める要素の一つとして数えられているのではないでしょうか。現に生まれて初めて買ったアクセサリーがシルバーアクセサリーだったという方は多いそうで、他の素材のアクセサリーを購入する事が出来るようになってもシルバーアクセサリーを購入する方もたくさんいるそうです。

  • 手軽に購入できるシルバーアクセサリー

    アクセサリーは身に付けている人の魅力を更に引き上げる装飾品として昔から多くの人から愛されてきましたが、その中でも特に多くの人に愛されていると言われているのがシルバーアクセサリーです。シルバーアクセサリーを製造している業者は数多く存在し、路上で販売しているものや宝石店で売られているようなブランド物まで実に様々な種類のアクセサリーを目にする事が出来ます。それだけ数多くの商品が出回るようになるだけの人気を集めるに至ったシルバーアクセサリーの魅力とは一体どのような点にあるのでしょうか。

    シルバーアクセサリーの魅力は数え切れないほどありますが、多くの人に愛されるようになった魅力が何だったのかを考えるとやはり手軽に購入する事が出来るという点が強く影響しているのではないでしょうか。シルバーアクセサリーは他の素材を用いたものに比べると安いものは本当に安く手に入れる事が出来、それこそ子どものお小遣いでも変えるものも中にはたくさんあります。そういった安いアクセサリーの多くは自分が始めて買ったアクセサリーとして強い印象に残りますし、シルバーアクセサリーは非常に多くの世代に向けて作られているので、成長に合わせてデザインを選んで新たにシルバーアクセサリーを購入する人も大勢いますし、中にはシルバーアクセサリーのコレクターになってしまう方までいるそうです。こうした魅力のおかげでシルバーアクセサリーは多くの世代に愛されて、現在に至っているのではないでしょうか。

  • シルバーアクセサリーの魅力とシルバーの特性

    シルバーアクセサリーは多くの方に愛されているアクセサリーの一つとして知られており、脳若男女問わず身に付けているといいます。アクセサリーを販売している企業も数多く存在し、現在も魅力的な新製品を数多く目にする事が出来ます。そんなシルバーアクセサリーは他のアクセサリーには無い魅力を多数兼ね備えており、中でも素材が持つ魅力は他の素材には無いものを多く備えており、様々な種類のアクセサリーが製造される要因にもなっているそうです。果たしてシルバーアクセサリーが持つ素材の魅力とは一体どのようなものなのでしょうか。

    シルバーアクセサリーの素材というと当然シルバーですが、シルバーには他のアクセサリーに用いられる素材には無い様々な特性を持っています。例えば光の反射率の高さは非常に高いと言われており、しっかりと磨かれたシルバーアクセサリーは見る人を圧倒されるような輝きを見せてくれるといいます。そして数ある金属の中でも比較的柔らかいと言う特徴も持っており、そのおかげで様々な加工法が考案され、アクセサリーのバリエーションの増加に一役買っているといいます。それ以外だとよくシルバーアクセサリーは変色しやすいといわれていますが、その特性を利用して薬品で意図的に表面を変色させてシックな色合いを表現したり、より立体感を増すなどの特殊な表面加工を行なうなど色々なバリエーションのアクセサリーを作る事が出来るそうです。その他にも様々な魅力があるので興味がある方は是非いとどシルバーアクセサリーを手に取ってみてください。

無料電話でのご相談

平日10:00 ~ 19:00 受付